1月19日 (水)

ホーム/過去データ/過去のレース結果/優勝戦結果

3支部ガチ対決シリーズin江戸川・第22回日本財団会長杯

2021年11月21日〜2021年11月26日
優勝者:4202 浮田 圭浩(岡山)

級別新期【1節目】の「東京健康ランド・まねきの湯カップ」は日程通りに4日間の「予選」と「準優勝戦」が終了して、11月7日(日)にファイナルの優勝戦が行われた。 当節は「2連対率上位」のモーターが全て使用されたため、機力の「上下差」がかなり大きく、予選を突破した選手の多くがその「上位機」とのタッグだった。なお、予選トップの永井源は準優【12R】で3着となり、V戦は5枠回りになったのに対し、2位通過の浮田圭浩は準優【11R】を危なげなく逃げ切って、V戦の絶好枠を手にした。 その他、準優【12R】を4カドから差し抜けて波乱を演出した伊藤雄二と、地元主砲の作間章がベスト6入り。さらに、渋谷明憲&濱崎誠の大阪勢もファイナル進出を果たした。 そして、迎えた最終日は終日ホーム「向かい風」が吹いたが、11R辺りから急激に逆目の「上げ潮」が強まってきた。それに伴い水面が若干波立ってきたため、優勝戦は万全を期して安定板が装着された。 レースの方は、4カドの渋谷がトップS(0.18)で飛び出したのに対し、スロー枠の3者が後手を踏む格好。特に、伊藤(2枠)と作間(3枠)が「コンマ30台」と完全に立ち遅れたため、インの浮田にとっては最悪とも言える「中へこみ」のスリット隊形になった…。 しかし、スリット後にグイグイ伸び返した浮田は、「捲り差し」にチェンジした渋谷の差し場を封じて渾身の先マイ。その一方で、5コースから永井が猛然とフルターンで攻めたが、バック線の内々を伸びた浮田が逃げ態勢に持ち込んだ。 続く2Mも、浮田は冷静な旋回で永井の「差し」をカットして差を広げると、この時点で浮田の「V」が確定的に。後続は永井がそのまま2着に入線し、2周2Mで先行艇の引き波に乗った伊藤を捌いた作間が3着に入った。 さて、浮田にとっては最悪な「中へこみ隊形」で一時は「絶体絶命」に見えたが、最後に物を言ったのは相棒(35号機)の底力。加えて、浮田自身も勝負処の1周1Mを完璧に立ち回って栄冠を掴み獲った! その浮田は、「デビュー初V」を飾った2019年8月(浜名湖)以来、約2年ぶり「2回目」の美酒。過去に「6本」しかフライングを切っていない浮田の主戦法は「差し」で、コーナー戦の比重が高いタイプ。そのため、どちらかと言えば1着より2・3着が多い「連下型」だが、猛烈に機が噴いていた今シリーズは節間「5勝」の荒稼ぎ。それとともに、随所に持ち味である「粘り強さ」を発揮して、付け入る隙のないレースを見せた! なお、来期(※2022年1月以降)はB1級陥落が決定している浮田だが、級別新期の初戦を「オール3連対」での優勝と、A級復帰へ向けて最高の滑り出しを切った。今後は鳴門・宮島・児島と走り慣れた中四国地区を転戦した後、「江戸川連覇」を目指して12月の2節目(レストラン笑和・毎日何かが100円カップ)に再登場する。



12R  優勝戦    


選手名 タイム
1号艇
.26
逃 げ
2号艇
.37
3号艇
.33
4号艇
.18
5号艇
.21
6号艇
.21

浮田  圭浩
1'52"8

永井   源
1'55"0

作間   章
1'55"8

伊藤  雄二
1'57"0

渋谷  明憲


濱崎   誠


払い戻し
2連勝単式

820円
3連勝単式
2,000円
2連勝複式

790円
3連勝複式
490円
備 考


払い戻し詳細 水面気象情報
単勝式 1
210円

天 候
くもり



波 高
20cm



複勝式
 
1
150円

風 向
北東
5
240円

向い風



風 速
6m






2連勝単式
1-5
820円
3
気 温
18.0℃



水 温
18.0℃
2連勝複式
1=5
790円
3
流 速
60cm



水 位

3連勝単式
1-5-3
2,000円
3
満潮時刻




干潮時刻

3連勝複式
1=3=5
490円
1
返 還



 
拡大
2連勝複式

1=5
270円
4
1=3
150円
1
決まり手
3=5
310円
5
逃 げ






備 考