11月12日 (火)
東京健康ランドまねきの湯カップ

ホーム/過去データ/過去のレース結果/優勝戦結果

ういちの江戸川ナイスぅ~っ!カップ

2019年10月15日〜2019年10月18日
優勝者:4692酒井 俊弘(福井)

得点率制で争われた4日間の短期シリーズ「ういちの江戸川ナイスぅ~っ!カップ」は、節間を通して水面コンディションに恵まれ、日程通りの10月18日(金)にファイナルの優勝戦が行われた。 なお、シリーズを牽引したのは伏兵の酒井俊弘で、初日の中外枠2走(3枠&5枠)を“連勝”で滑り出すと、2日目以降もアクセル全開。終わってみれば、予選5走を「4勝&2着1本」という快進撃でのトップ通過で、見事V戦のポールポジションを掴み獲った。 また、初日の「江戸川選抜戦」を制した地元の永井彪也が2位で予選をクリア。その選抜組からは、“伸び自慢”の松田祐季と、予選最終日(3日目)に前半2日間の凡走を吹き払う“連勝ゴール”を決めた守田俊介もベスト6入りを果たした(※その他、藤田靖弘と加藤政彦が優出)。 そして、「5m/s」のホーム「向かい風」が吹く好コンディションの下でレース開始となったが、トップS(0.07)を決めてきたのは大外の守田。しかし、伸びて行ったのは、4カドから「0.11」を踏み込んでいた松田で、その松田は内に艇を寄せて絞りに出た。 そのため、松田と「1対1」の隊形になったインの酒井は“絶対絶命”かと思われたが、万全に仕上がっていた機を味方に伸び返すと、松田を差しに回して、先マイに成功。続く2Mも、力強い旋回で回り切り“V”を確定させた。 なお、松田と守田による次位争いは、2Mで先行艇の引き波に乗って膨れた守田を松田が捌いて2着に入線。結果的に、福井支部勢の「ワンツー・フィニッシュ」でシリーズの幕が閉じた(※3着は守田)。 さて、強力メンバーを相手に堂々と逃げ切って悲願の“デビュー初V”を達成した酒井は、勝率も前検日の「5.20」から「5.45」まで急浮上。最大の目標であった自身初の「A2級昇格」も確定的なものにした。 ちなみに、昨年の11月に行われた同タイトル戦(ういちの江戸川ナイスぅ~っ!カップ)は、酒井の師匠であるスピードスターの萩原秀人が制している。その昨年と同様、数多くのファンが詰めかけた優勝者表彰は大盛り上がりで、活気溢れる雰囲気の中、酒井は喜びを噛み締めていた。 最後に、酒井の相棒だった「52号機」は、2連対率が「23.9%」とかなり低く、元々は「直線系」に難点のある凡機だった。しかし、そのモーターを立て直したのは、前節で本体整備に連日打ち込んでいた地元の吉田宗弘で、この吉田も前節に「A2級勝負駆け」を成功させた。よって、次節以降も“別物”に生まれ変わっている「52号機」には、ぜひ注目しておきたいところだ。



12R  優勝戦


選手名 タイム
1号艇
.12
逃 げ
2号艇
.17
3号艇
.18
4号艇
.11
5号艇
.14
6号艇
.07

酒井  俊弘
1'51"1

松田  祐季
1'52"3

守田  俊介
1'53"2

永井  彪也
1'54"6

加藤  政彦


藤田  靖弘


払い戻し
2連勝単式

670円
3連勝単式
2,610円
2連勝複式

650円
3連勝複式
1,150円
備 考


払い戻し詳細 水面気象情報
単勝式 1
150円

天 候




波 高
5cm



複勝式
 
1
130円

風 向
北東
4
140円

向い風



風 速
5m






2連勝単式
1-4
670円
2
気 温
18.0℃



水 温
20.0℃
2連勝複式
1=4
650円
2
流 速
10cm



水 位

3連勝単式
1-4-6
2,610円
8
満潮時刻




干潮時刻

3連勝複式
1=4=6
1,150円
6
返 還



 
拡大
2連勝複式

1=4
190円
2
1=6
460円
9
決まり手
4=6
450円
8
逃 げ






備 考