4月15日 (月)

ホーム/総展望

自転車のまち稲城杯・第48回サンケイスポーツ杯 / 4月19日〜4月24日

節全体の展望・注目の選手

★実力者揃う熱戦模様の中で地元・長田が意地魅せる!

春の風吹く江戸川に実力者達が集結!




4266
長 田  頼 宗

4189
川 上    剛

3499
市 川  哲 也

4292
麻 生  慎 介

4441
末 永  由 楽

4798
浜 先  真 範


4月19日(金)から「自転車のまち稲城杯・第48回サンケイスポーツ杯」が6日間開催・2準優制で開幕する。

今回は2準優制によるロングシリーズ。5月にはモーターの入れ替えが予定されており、現行モーターは今回のシリーズで最後となる。級別審査の期末も近い今節は初日から気合の入った選手たちの激闘が予想され、高配当が飛び出す場面も考慮したい。

激戦をリードしそうなシリーズリーダーとして長田頼宗を推す。今年2度目の江戸川となる長田。前回は「G1江戸川大賞開設68周年記念」で参戦し、優出4着の活躍。当地も既に2Vの実績もあり波乗りは達者だ。今回は記念戦線を戦い抜いてからの参加。遠征陣に強力なメンバーが多数いるが、地元の看板を背負う本シリーズでは気迫のレースを魅せてくれるはずだ。

遠征陣では3月の大村「長崎新聞社杯」・蒲郡「ガマゴリうどん杯」で優出と近況リズム良い川上剛が対抗格と言える。また、長田と同じ「G1江戸川大賞開設68周年記念」に出場していた、麻生慎介末永由楽らも参戦。両者ともに当該節では予選突破ならずと悔しい結果。その時の悔しさバネに本シリーズでは優勝を的に力戦奮闘する。

上記の他にも、A1級では市川哲也浜先真範村上遼木下大將。A2級も山口達也桑原将光山崎義明松本博昭酒見峻介など江戸川を走り慣れた選手も多く出場する本シリーズ。最終日まで熱い競走が繰り広げられること必至だ!

(※出場選手及びデータは全て2024年4月10日時点)