1月26日 (日)
第43回報知新聞社杯
1月26日(日) 第43回報知新聞社杯 3日目
 
ライブ映像  
PDFデータ
 

“3戦無敗”の山下と伏兵・佐竹の伸び足が超抜!
昨日の2日目は、初日から引き続いて、穏やかな風の好コンディションとなったが、昨5Rにおいて、鶴田勇雄(1枠)・向後龍一(2枠)・古澤信二(3枠)の3者が絡む「集団F」が発生。なお、鶴田と向後は「+0.05以上のF」のため即日帰郷の措置が取られた…。  その2日目だが、1号艇は初日と同数の「3勝」しか挙げられず“イン受難”な状況は続いている。それに対し、中外勢(3~5号艇)が昨日も計「8勝」と大活躍。ちなみに、終盤の10R以降は“捲り3連発”での決着と、果敢に攻め抜いた選手が好結果を出した。  なお、本日(3日目)の開催は、ホーム「向かい風」が吹く見込みだが、本日も風が強まる可能性は低そう。よって、順目の「下げ潮」の6Rまでは絶好の水面コンディションが見込めるし、風向きと逆目の「上げ潮」が少し強まる10R以降も、波が出る心配はなさそうだ。  さて、初日の2走を「捲り」&「逃げ」で連勝した山下和彦は、5コース発進だった昨7Rも一気の「絞り捲り」で圧勝。初日からの連勝を「3」に伸ばすとともに、“シリーズリーダー”の座を確固たるものにした!  その山下は「節イチかは分からないけど、伸びは上位。ペラはノーハンマーですよ」と、相棒(25号機)は猛烈に噴いている。“ダッシュ戦”で真価を発揮する山下にとって、今の伸び足があれば“無敵”と言って良さそうで、カド&イン戦(6R4枠&12R1枠)の本日も、このまま“連勝”を伸ばす可能性はかなり高そうだ!  さらに、昨日の2走を「逃げ」&「捲り」で“連勝”した佐竹太一(本日4R3枠&9R6枠)も、山下とともに「オール2連対」の快進撃を演じている。本人も「スリットの手前からビューっと伸びる。行き足・伸びはいいですね!」と話している通り、ここまで“直接対決”こそないものの、“直線パワー”は山下に匹敵するほど強力だ!  よって、現時点での「パワー2強」は山下&佐竹で間違いなさそうだが、“当地3割増し”の是澤孝宏と桑原将光も、2日目終了の時点で「オール3連対」と好ペース。なお、この2者では、昨9Rにおいてインの桑原を「2コース差し」で仕留めた是澤の機力が優勢だ。  その是澤(3R5枠&11R1枠)は「上げ潮が強くても、しっかり舟が向く。出足・回り足は十分ですよ!」と“実戦仕様”の仕上がりに大満足。一方の桑原(3R4枠&10R6枠)も「乗り心地には合格点が付くし、出足系には満足です」と上積みに成功。直線に若干の甘さは残るものの、戦える状態には押し上げてきた様子だ。  また、桑原と同じ地元の三角哲男(3着・2着・3着)・宮内直哉(1着・1着・3着)・吉田宗弘(3着・1着・3着)の3者も、ここまでオール舟券絡みとポイントをまとめている。  この3者では、「エンジンは出てます。実戦足がいいですね!」と手応え十分の吉田(7R2枠&12R3枠)は、完全に“上位クラス”の舟足。一方、「(足は)大したことないね…」と言う三角(2R5枠&9R2枠)の舟足は中堅が一杯。現状は凌いでいる印象で、普段の三角らしく“自力”で勝ち切るためには、底上げが必要な状態だ。  また、宮内は「伸びは普通よりいいし、乗り心地も良かった!」と、昨12R後に満面の笑みを浮かべていたが、「手前の足はどうかな? 待って差せるような足ではないです」とも話していた。ただ、本日前半(6R)の6枠戦は、4カドに超抜の山下が控えていることから、好展開が見込めるし、3枠の後半戦(10R)は積極的に握って行けば、活路を見出せるはずだ。  そして、昨4Rを「4カド捲り」で圧勝した坂元浩仁は、現行モーターのレコードタイム(1’48”7)を更新。本人は「杉山正樹さんバージョンのペラ調整で伸びは上向いたけど、体感はしっくりきてませんね…」と半信半疑の様子だったが、上昇一途の「69号機」だけに、見た目にはパワーがヒシヒシと感じられる!(※本日は5R5枠&10R1枠の2回乗り。)  その他、昨12Rを「5コース捲り」で制した藤岡俊介(8R2枠&12R6枠)も、機歴を大幅に上回る“伸び”を引き出してきたし、「14号機」が相棒の大谷直弘(7R1枠&11R2枠)と、握りっぷりが抜群に良い松尾祭(8R1枠※1回乗り)の両者も“回り足”が上々。特に、本日「好枠デー」の大谷は、予選最終日を前に貯金を蓄えておきたいところだ。  また、初日の選抜戦で着外(※4着以下)に敗れた佐藤大介と柳生泰二の両者も、昨日は揃って「1着・2着」と反攻を開始した。  この両者では、「下がらなくなったし、今なら真ん中くらいはありますね」と言う佐藤(5R6枠※1回乗り)が上昇を実感していたのに対し、柳生(8R5枠※1回乗り)は「(上位組と)足の差がある…」と浮かぬ顔だった。だが、ともに捌けるレベルには押し上げており、本日は“一日早い”勝負駆けに注目だ!
関東5場連動企画!
「ドラゴンゲート」との
コラボイベントを実施☆
人気レスラーが多数参戦
GIIIオールレディース
江戸川女王決定戦は
守屋美穂選手が
優勝しました!
今年度も開催します!
群馬・東京・三重の
3支部選手たちによる
「ガチ対決」シリーズ!
ボートレース江戸川の
熱い闘いの記録!
フォトギャラリー
はこちらから
厳選した舟券予想や
メルマガ会員様だけに
お送りする江戸川の
○得情報がぎっしり!