3月2日 (土)
GI江戸川大賞開設68周年記念

ホーム/過去データ/過去のレース結果/優勝戦結果

第21回関東日刊紙ボートレース記者クラブ杯

2022年3月24日〜2022年3月30日
優勝者:4926 吉川 貴仁(三重)

登録6年未満の新鋭と「オーバーエージ枠」の6名によって争われた「スカパー!・JLC杯ルーキーシリーズ第3戦」は、日程通りの2月25日(金)に優勝戦が行われた。 なお、血気盛んな若手によるバトルとあって、今節は(転覆等の)事故が多発。さらに、当地「フレッシュルーキー」の金山立樹が「準優勝負駆け」だった4日目に「+0.05以上のF」で無念の即日帰郷となった。 その予選道中では「実績最上位」の仲谷颯仁が、実力の違いを見せつけて首位で予選をクリア。また、2連対率トップ(45.5%)の「63号機」が相棒の井上忠政が2位通過を果たしたが、この2者は準優戦で明暗を分ける格好に…。 まず、井上が準優【11R】をインから押し切って「優出一番乗り」を決めたのに対して、仲谷は準優【12R】の旋回初動で振り込んで痛恨の転覆失格(※選手責任のため賞典除外)。よって、井上にV戦のポールポジションが転がり込んだ。 その他でV戦に駒を進めたのは、まず吉川貴仁と「オーバーエージ枠」の中田達也・馬場剛。さらに、準優戦で「2着」に入線した久永祥平&中野夢斗の2人が念願の「初優出」に成功した。 そして、最終日の開催は気温がやや上昇して、南風(追い風)が卓越。対する潮回りは、全レースが逆目となる「下げ潮」であったため、3Rに安定板が装着された他、やや波の高まった7R以降は2周戦で行われた。 迎えた優勝戦は、4名が「ゼロ台」に突入する強烈な「スリット合戦」に。中でも、痺れるS(0.01)をぶち込んできたのはインの井上だったが、初動でハンドルが上手く入り切らずに先マイのターンが大きく膨れてしまった…。そのため「絶好の展開」になった吉川(2号艇)が労せず差して、先行態勢を築いた。 その吉川はバック線で後続との差をグングン広げると、続く2Mを力強く先取りして早々と「V」が確定的に。従って、焦点は井上と捲り差した久永(3号艇)、ブイ差しから足を伸ばした馬場(6号艇)の3者による「2・3着争い」に絞られた。 なお、2周1Mで馬場に捲られた久永が一歩後退して、馬場と井上の「次位争い」となったが、2周目のバックストレッチで井上を振り切った馬場が2着。井上は3着に入線して、3連単(2-6-1)は「20,000円」の54番人気という波乱の決着でシリーズが閉幕した。 さて、「2コース差し」で優勝した吉川だが、前日の時点から「足は普通。V戦に入ったら弱いのでは…」と弱気だった。それでも、見た目には「レース足系統」が確実に仕上がっていたし、Sが安定してきた3日目以降を「オール2連対」と着をまとめて、確実に流れを手繰り寄せた。 ちなみに、吉川は昨年11月の「蒲郡ルーキーシリーズ」以来、通算では4回目の美酒(※当地は2回目の優出で初V)。本人は「また記念に行きたいので、今期はA1級に戻るのが目標です」とのことだが、今節の頑張りで勝率は「6.95」まで上昇。よって、目標を達成できるのは確実だし、自身初の「7点勝率」も十分に狙えそうだ!




レース結果はこちら